電子マネー売買サイト
「 プリペ 」
公式ブログ

Prime Musicが他の音楽配信サービスと異なる点とは

  • 投稿日: 2015年11月18日
  • タグ:

Amazonの音楽配信サービス「Prime Music」を、他の音楽サービスと比較してみました。

Prime Music(プライム・ミュージック)とは?


Amazonが、Amazonプライム会員向けの聴き放題・音楽配信サービス「Prime Music」(プライム・ミュージック)を本日(2015年11月18日)にサービスを開始した。Amazonプライム会員なら、追加料金なしでサービスを使うことが出来る。つまり、年会費(税込3,900円)で音楽が聴き放題ということになる。

他サービスと比較してどうなの?


この手の音楽配信サービスとしては、「AppleMusic」「AWA」「LINE Music」「GooglePlay Music」などがあり、後出しのAmazonがどう差別かを図るかが重要なポイントとなる。が、肝心のPrime Music側の見解では、現在主流となっている音楽配信サービスと競争するつもりはないそうで、この時期、地味なサービスの開始となったのは、意図したものだという。


なので、他の音楽配信サービスと単純比較すること自体がおかしいのだが、それを踏まえ、良くも悪くも「Prime Music」(プライム・ミュージック)が他の音楽配信サービスと異なる点をまとめた。


・他の音楽サービスと比較して、年間3,900円(月額325円)というのは、非常に安い。
・既存のCDダウンロード販売ページに、ストリーミング用のボタンを付けたようなUIで、見慣れた画面が使いやすい。
・ストリーミングボタンを押して、自分のライブラリーに入れてから聴くというスタイル。
  (気に入った商品をカートに入れ、カートの中で聴くようなイメージ。)
・楽曲数は約100万と他サービスと比べると決して多いとは言えない。

Amazonプライムを使うメリットは?


一番重要な点は、「Prime Music」はAmazonファンのための、Amazonによる音楽サービスだということ。Amazonとしては、「Prime Music」によりAmazonプライム会員数の増加を目指すというよりは、プライム会員に付加価値を与えるという意味で、このサービスが提供していると捉えるのが自然。


筆者は図らずもAmazonプライム会員であるため(無料期間に解約し忘れた)、このサービスは非常に有難いと思う。ぜひ利用したい。専用のアプリも存在するので、プライム会員はぜひ利用しよう。


○ PrimeMusicアプリ

Price: Free
Price: Free


Amazonギフト券を売買するなら断然、プリペがオススメです!